めんどくさがり屋さんの虫歯予防

「夜の仕上げみがきのとき、うちの子ちっともジッとしていてくれないから、毎日の歯 みがきがていねいにできなくて困っちゃう。むし歯ができやしなかドキドキよ。奥歯に シーラントすべきかどうか、迷うわ。むし歯にはしたくないんだけど、どうしよう。」 お子さんの歯みがきが思うようにいかず、ご心配なお母さん、お父さんは多いんじゃな いでしょうか。仕上げみがきのときジッと口を開けていてくれれば助かるのですが、そ うはいきません。まして自立心が芽生えてからは、仕上げみがき自体をさせてくれなく なりますよね。 しかし、生えたての乳歯や永久歯は軟らかく、とくに奥歯はまだ摩耗していませんから 噛み合わせ面のデコボコも大きい。むし歯菌の出す酸に弱く、汚れも溜まりやすいで す。 なかでももっとも心配なのが「小窩裂溝」という奥歯の細く深いミゾなんです。歯ブラ シが届かないほど深く、いくら歯みがきを頑張っても掃除することができません。歯み がきプラス、何か工夫が必要です。 そのひとつめは、フッ素(フッ化物)を使って歯を丈夫にすること(フッ素なら唾液と いっしょに「小窩裂溝」のなかに届きます)。ふたつめは、シーラントという歯と同じ 色の樹脂(レジン)でこのミゾをバッチリ埋めて守ってしまうことです。 これなら汚れが溜まりませんし、酸にもさらされないのでむし歯になりにくく安心で す。ただし、毎日しっかり噛んで食べているとシーラントは傷みますし、ときどき欠け たり取れたりすることもあります。 「シーラントをするとかえってむし歯になりやすい」というのは、欠けたり、取れたり しているのに気が付かないで油断していると、汚れが溜まってむし歯になってしまう よ、という意味なんです。シーラント自体がむし歯の原因になるわけではありませんの でご安心ください。 そこで、シーラントをしてからも、定期検診を受けて、欠けたり取れたりしていない か、チェックしてもらうことがとても大事です。そして毎日歯みがきで汚れを落とし、 フッ素を使って歯を丈夫にしていきましょう。シーラントは、むし歯のリスクの高いお 子さん(唾液検査を受けるとわかります)にはとくにおすすめ。歯が軟らかくむし歯に なりやすい時期を上手にしのぎましょう。 「歯ブラシの届かないミゾがあるならぜひシーラントを。シーラントしたあとは、欠け てきていないか定期健診でチェックしてもらうのを忘れないようにお願いします。           www.cyber-digital.jp/dental-flash/