フッ素でインプラントは腐食しません。

”フッ素でインプラントが腐食するので歯みがき剤はNG。ですか? 時々このご質問いただきます。チタンがフッ素(フッ化物)に触れると腐食するって、よくご存知ですね。 インプラント治療に使われるチタン。とても優れた金属材料なんですよ。インプラント治療は これなしには成立しません。というのもチタンは不思議なことに、骨と結合する性質があるん です。 からだはふつう、異物が入ってくると排除しようとしますよね?でもチタンは、あごの骨に埋 め込んでも排除されずに、むしろガッチリと骨と結合して自立してくれるんです。この性質の おかげでインプラント治療が可能になっています。埋入後も腐食しにくくアレルギーも少な い、とても優れた材料です。 ところが弱点があって、チタンはフッ素に触れると腐食してしまうんです。現在売られている 歯みがき剤にはたいていフッ素が入っていますから、ご心配なのでしょうね。インプラントが 錆びて折れたりしたら大変ですもの。 でも、安心してください。フッ素でどれほど腐食するのかについては研究者が調べたデータが あります。日本で歯みがき剤に配合できるフッ素濃度は1,500ppm以下と決められていて、こ れを使用したときに口のなかに残るフッ素はごく微量で低濃度。まったく腐食しないわけでは ないけれど、日常的に使用しても問題はないということなんです。 とくにチタンの人工歯根の部分については、あごの骨に埋入されていてフッ素に直接触れる機 会は限定的でしょうし、そういう点からみても、影響は少ないと考えられています。 フッ素を使わず、残ったむし歯予防が十分でないと、新たな治療が必要になったり、将来的に はまたインプラントが必要になってしまうかもしれません。 あれやこれや天秤にかけ総合的に考えると、フッ素入りの歯みがき剤は大事です。ぜひ毎日お 使いくださいね。 また、歯科医院の「フッ素塗布」では、フッ素の濃度が高いですが、お口に停滞している時間は せいぜい30分が限度です。その程度ではインプラントに与える影響は限りなくゼロに近いでしょう。 ”口のなかに残る歯みがき剤のフッ素(フッ化物)は低濃度。しかもチタンの人工歯根は骨の なかに埋まっているので問題になるほどの影響はないといわれています。残った歯のために フッ素入り歯みがき剤をお使いください。”