子どもの歯(乳歯)の虫歯予防が必要な6つの理由③④

③お子さんの歯が虫歯になりやすいのは、歯の溝がとても深いから! お子さんの乳歯及び永久歯の奥歯は咬む面の溝がとても深く、虫歯菌が好んで付着し、歯を溶 かしていきます。成人になり年齢が進むにつれて歯は摩耗し、溝は浅くなるのですが、低年齢 のうちはその溝を基点に虫歯が発生するので、衛生士による定期クリーニング後、専用のコー ティング剤(シーラント)やフッ素塗布が必要となってきます。ただし、必ずしもそのような 処置が必要かどうかは担当歯科医が、判断いたします。お口の中の状況や年齢等を考慮してご 提案させていただきます。   ④お子さんの歯が虫歯になりやすいのは甘い食べ物・飲み物が大好きだから! 甘い飲食物は、どのお子さんも大好きです。グミ、ハイチュー、ガム、チョコレート、コー ラ、サイダー、オレンジジュース、スポーツ飲料水あげればきりがありません。しかし、これ らの甘い飲食物は虫歯菌も大好きです。虫歯菌は糖や炭水化物を「エサ」にして酸を分泌し、 虫歯をつくります。そのため、お子さんが虫歯にかかるリスクが高いのは当然の結果なので す。ぜひ定期検診やクリーニングを受け、更に食事指導も受けると良いでしょう。 先程の磨き残しとはつまり「虫歯菌の塊」をとり残したということです。磨き残し率が高けれ ば高い程、糖や炭水化物の摂取をコントロールしなければなりません。そこで、よく摂取する 飲食物のパッケージを見て下さい。もしコーラのパッケージに炭水化物33gと表記してあれ ば、それを3.3で割り算して下さい。 角砂糖1個3.3gなので、コーラは33g÷3.3=10 つまり、角砂糖が10個入った砂糖水を飲んでいることとなります。このような角度で飲食物 を見る習慣をつけて下さい。 以上、このような現実からお子さんの歯を守るには2ヶ月に1回の検診(クリーニング)と フッ素塗布を必要としています。 成人になるまで続けると、将来虫歯になりづらい体質の大人へと成長していきます。(もちろ ん成人になっても検診は続けて下さい) ぜひ、親子で検診の予約を取りましょう。 http://www.cyber-digital.jp/dental-flash/