歯科医は自分の口にも保険の銀歯を入れるのか?(自費診療と保険外診療の違い)

このブログは私が診療室の中で経験してきたことをまとめたレポートです。 「かぶせ物?白いだけなら別に保険でいいや」 「前歯は保険でも白くできるでしょ。じゃあ、保険にします。」 「芸能人でもないし、そんなキレイな歯じゃなくてもいいわ」 確かに歯を白くするだけであれば。高い費用をかけてまで治療をしようとは思わない方も多いで しょう。実際に、日本ではまだ多くの方が保険治療を選択されています。 自費診療と保険診療には、歯を大切にされるほど重要視する、数多くの違いがあります。 それだけでなく、保険診療には一般の方が知らない多くの危険が潜んでいるのです。 しかし、これらのことを知ったうえで治療を開始するケースは少ないようです。 つまり、これまでほとんどの歯科医院が患者様に対して正しい情報を伝えてこなかったということ です。又、歯科医側も情報提供したつもりでも実際は、患者様にほとんど伝わっていない場合も多 いでしょう。その結果、患者様はかぶせ物や詰め物に対しての知識が全くないままに治療を受けて しまっているのです。 『診療が忙しくて説明する時間がない』 『高い物を勧められたと、変な評価がたったら嫌だ』 実際に知り合いの歯科医師に聞いてみても、これらの理由がほとんどです。   ただ、正直に申しますと、私も歯科医師になって間もない頃には同様に思っていた時期もありまし た。 しかし、それだは「患者様の真の健康、豊かな人生を実現することができない。」 「かぶせ物のプロとして、情報提供をしなくてはならない」と思うようになったのです。 そして、最新の歯科医療技術を学ぶほど、歯を守るためには、かぶせ物の精度、材質、噛み合わせ のバランスが重要であることがわかってきたのです。 (噛み合わせまで含めた治療になると、歯科医師にとっても非常に難易度が高い領域なのですが、 歯を守るためには必須であると確信し、当院では噛み合わせまでこだわっています。 そして、学べば学ぶほど、患者様が正しい知識を持たず治療方法を選択せざるを得ない状況では (もしくは、歯科医師から言われるがまま治療を受ける状況では)、患者様がご自身が望む、本当 の健康の実現へ貢献することができないと考えるようになりました。 ですので、このブログを通じて皆様に歯科医師である私の立場から考える「かぶせ物・詰め物の正 しい知識」をお伝えしたいと思います。診療中には説明しきれない部分をこのブログでお伝えした いのです。 しかしそれは、高価なかぶせ物をみなさまにオススメするためではありません。 私は、一人でも多くの方に正しい知識をっもっていただき、ご自身が望む将来を考え、選択してい きたいのです。 お口に入れる『かぶせ物や詰め物』は、将来のお口の健康状況に大きく影響します。あなたの歯の 状態に適した物を選ばなくては、歯の寿命を短くしてしまったり、体に対して害がです可能性まで あります。 ですので、かぶせ物・詰め物を選ぶと言うことは、ご自身で将来の状態を選択することといっても 大袈裟ではないくらい重要なことなのです。 このブログは「とにかく、安ければ良い」という方には、無駄なお時間を使わせてしまうかもしれ ません。もしあまり興味がなさそうであれば、申し訳ないのでここでページを閉じていただいても 結構です、ただ、保険診療を受けると決めている方でも、知っているだけで役立つ情報だと考えています。 診療室の中で全ての情報をお伝えするには当然無理があります。物理的限界があります。ぜひ、 このブログを読んで正しい知識を身につけ、ご自身にあった治療法を選択してください。 特に、本気で健康で豊かな人生を求めている方にとっては、非常に大切な情報が書かれています。 そんな方はぜひこのまま読み進めてください。 あなたのお口の真の健康と、最高の笑顔を実現する手助けになれば幸いです。 (歯医者は保険の銀歯を自分の口にも入れるのかその2 へ続く) 横浜歯科クリニック 院長 石川洋史