軽度歯周病とは

軽度歯周病とは・・・ 歯と歯の間や歯と歯肉の境目にプラークが付いていると、歯肉のみに炎症症状が出てきます。 まず歯肉の色が赤くなり腫れてきます。歯磨きの時に歯肉から出血してきます。しかし痛みは伴わ ないので、気付きにくいです。 歯を支えている骨は正常で溶けていません。 歯肉のみに止まらず、歯を支えている骨にまで炎症がある状態です。 歯肉の炎症は歯肉炎と同じで、腫れて赤くなり歯磨きのときに出血してきます。そして骨が若干溶 けてきます。骨が溶けることによって歯と歯肉の境目の溝(歯周ポケット)の深さが深くなってき ます。 この溝にプラークが入っていき、歯根に歯石(プラークが固まってできた石)が付きます。そうな ると、歯周ポケットは細菌のすみかになっていきます。しかし痛みを伴わないので気付きにくいで す。 軽度歯周病の治療 ≫治療の概要 軽度の場合は、歯肉の外に見えている部分のプラークコントロールだけで治療が可能になります。 ≫TBI(Teeth Brushing Instruction 歯磨き指導) 歯周病は、歯周病原菌が一定以上の量になると引き起こされる病気なので、しっかりとした患者様 による歯磨きは、もっとも重要な治療の一つになります。 病原菌が生きて行くのに必要なすみかと栄養、いわゆるプラークを歯磨きによって取り除いてしま えば、病原菌も死んでしまいます。また、治療によっていなくなった病原菌も歯磨きを怠ればまた 集まって来て病気を引き起こします。 したがって、ちゃんとした歯磨きをマスターすることは、歯周病の治療、さらには予防にとっても 大切です。 歯肉縁上歯石除去 歯石は、プラークが石灰化し、歯の表面上に付着したものです。非常にざらざらしているので、プ ラークを常に停滞させてしまいます。患者様ご自身のでは、除去することはできませんので、歯科 衛生士によって除去します。