小児歯科検診(予防及びクリーニング)

小児歯科検診(予防及びクリーニング)

小児予防は単に、子供が虫歯にならないための治療だと思われがちですが、実はお子さんの一生の健康や 生活習慣密接した非常に大切な早期の健康維持、促進の治療方法なのです。

一般的に虫歯にならないために「おやつをがまんして甘いものを控える」等の習慣教育がありますが、虫歯になる理由 一つをとってみても一人一人その原因は様々です。
唾液の量、性質、間食を含めた飲食の回数など虫歯になる要因は様々です。
そしてその根本的な原因を視野に入れた生活環境、習慣の改善、治療を行わないと、乳歯が永久歯に生え換わっても 同じようにまた虫歯になってしまいます。
そしてその時、お子さんは「歯医者に行くといつも削って痛い思いをする」と覚え込み、健康意識の低下や生活習慣の改善 を行えずに成長してしまいます。
お子さんの一生の健康レベルは幼児、児童の頃に決まると言っても過言ではありません。
この時期に定期的に歯科医院での予防を習慣づけ、歯科医院は決して痛い思いをする場所ではないことも理解していただくと良いでしょう。 小児予防に最も必要なことはお子さん一人一人の問題とその改善方法を正しく理解しているかにかかっています。

横浜歯科クリニックでは、小児予防の治療に合わせてご両親にお子さんの生活環境、習慣などのヒアリングから改善方法のアドバイスなど 「子供健康を守れる家族」の育成に力を入れております。 また、キシリトール系のお菓子を中心にしたおやつの与え方、歯磨き粉の選択等のアドバイスも合わせて行っております。

子どもの健康相談(お口の中の)を積極的に行っています

子どもの健康相談(お口の中の)を積極的に行っています

横浜歯科クリニックでは、お子さん一人一人の生活環境や生活習慣が「違うことを前提」として、それぞれに合う治療方法や健康を維持するため の生活習慣をご提案しています。

例えば、小さなお子さんがお菓子を我慢することは非常に辛いことです。 しかし、虫歯予防のために無理やり我慢させられてその反動で生活習慣が崩れるような事例が多数報告されています。 ところがそれではまったく意味がないのです。

無理をしないで健康を維持するためにはどうすればいいのか、横浜歯科クリニックではお子さんの気持ちなども十分考慮してご両親の健康相談に 積極的にお応えしております。 これに関しては、「虫歯になりづらい体質になるには?」を参照してください。

子供自身が「健康を意識する体験教育」

横浜歯科クリニックの小児予防は、家族が一つになってお子さんの健康を守っていける知識や環境を作ることから始まります。 ブラッシングの指導で、お子さん自身が「効果」を体感しながら自分の健康意識に目覚め、痛みを伴わない予防治療によって 継続した予防効果をお子さん自身の意思により維持することができます。

「予防は楽しい」と実感していただけるようになったら最高ですね。 このようにお口の中だけにとどまらず、健康を守るための生活習慣の維持など、お子さんの発育にも大きな影響が期待できます。 また、お口の中の細菌はご両親からの垂直観戦がほとんどです。 そのため、ご家族単位での定期歯科検診、クリーニングをおすすめしています。

健康と家族の絆を守るパートナー

横浜歯科クリニックでは、お子さんの健康維持に悩んだり困ったりするご両親にいつも「すぐに正解を伝えられるパートナー」でありたい と日々、診療レベルの向上や症例分析を行っています。

「一生歯を削ったり抜いたりしたことなくすべての歯を残す」が理想です

お子さんのお口の中について専門家である歯科衛生士や歯科医師と常に情報交換や共有を行うことで、歯列不正を未然に防いだり、 小児矯正を早期に行うことにより、期間や費用を劇的に下げることも可能になります。 そして、ご両親の知識や判断を補い、早期にお子さんへ最適な治療を施すことができるのです。

お子様の未来を心配されているご両親を励ましたり、無理のない予防プランを立案したり、ご家族の幸せを支える縁の下の力持ちでありたい と考えております。

小児予防の治療内容(以下すべてを行う場合もあれば、お口の状況に応じて必要な施術だけを行う場合もあります)

①検査
お口の中の状態を確認いたします。 変化がないかを確認し、比較するために「口腔内(お口の中)写真」を撮らせていただきます。
②染め出し
普段は見ることができない「細菌」を特殊な薬を使って染め出します。 細菌を目で見て、磨けていない所、磨きにくい所、リスク部位を把握します。 磨き残しをデータ化してお渡しいたします。 それを見ながらお家で歯ブラシの練習をすることができます。
③歯ブラシ指導
歯ブラシ指導
染め出した結果をお話ししながら、苦手な所やリスク部位の磨き方の説明をわかりやすく行います。 お子さんの状態や成長段階に合わせた説明と指導を行うことで、無理なく誰も上達できます。
・親御さんへの説明と指導
お子さん一人では、お口の中をより良い状態にすることは難しく、親御さんの「理解」と「協力」が必要です。 お子さんの癖やリスク部位を把握することで、効果的な仕上げ磨きを行うことができます。 ブラッシングの時間も大切ですが、「質」を上げることが何より大切です。
④PMTC
磨き残しやバイオフィルムの除去を行います。 ご自身(セルフケア)では取ることができない細菌を除去していきます。 専用の器具を使って歯石、歯垢、バイオフィルムなどを落としていきます。 歯ブラシでは届かない「歯と歯の間」や「歯と歯茎の境目」、「噛む面の溝」など細部までのクリーニングが可能です。
・プロによるブラッシング指導
専門家によるブラッシングを受けることによって、歯ブラシの当て方やブラシ圧力を感覚で体験することができます。 機械でのクリーニングを行えない小さなお子様でも、簡単に受けることができます。 これを続けることで「歯肉炎」の改善ができ、出血なども改善できます。
⑤リスクチェック
お家でできる虫歯予防方法の説明。 お家でもできる虫歯予防方法はたくさんあります。
虫歯の原因は細菌ですが、生活習慣病と言われるだけあって、日常生活に問題がある場合も多いのです。 お家での生活や食生活などを聞かせていただき、何が原因で虫歯のリスクが上がっているのかを調べます。 食事や間食の取り方が悪いと、歯磨きをしていても虫歯はできてしまいます。 間食を取ってはいけないわけではありません。 ちょっとしたコツを掴めば、食べる量を変えなくてもリスクはぐっと下がります。
⑥フッ素塗布
フッ素塗布
バイオフィルム(ばい菌の膜のようなものです)は化学療法が効かないと言われています。 PMTCで細菌を歯の表面から剥がした状態は、高い再石灰化能力(初期虫歯を元に戻す力)が期待できます。 フッ素は濃度が高いほど効果的です。
しかし、使い方を間違えると治る虫歯も治らなかったりしますので注意が必要です。 歯は生えてから3年が最も虫歯になりやすく、お口の中にいる細菌や生活の影響を受けやすいと言われています。 この時期に「フッ素」を入れると虫歯予防はもちろんのこと「歯の質」自体の改善が図られます。
お口の中の病気は予防できるものがほとんどです。 お子さんのお口の中は親御さんが守ってあげましょう。

シーラント

虫歯を予防する時には、PMTCとブラッシングでバイオフィルムを破壊してフッ素の塗布により歯を強くすることが大切です。 しかし、唾液の量が少ない・虫歯菌の量が多い・永久歯が萌出している途中で噛む面の溝が深い場合などは、 追加の予防処置としてその溝に虫歯菌が増殖しないようにするシーラントが必要です。

虫歯になりやすい歯の溝を埋めます

奥歯の噛む面には、複雑な溝が何本もあります。 前歯より奥歯の方が虫歯になりやすい理由は、歯ブラシが届きにくいということもありますが、溝に汚れが溜まりやすいからです。 溝が細かったり深かったりすると歯ブラシの先が入らないこともあります。 シーラントは、この溝をフッ素が少しずつ放出されるセメントで埋め、虫歯のリスクを軽減する予防法です。
乳歯や萌出したばかりの永久歯に特に効果があります。

シーラントはあくまでも<補助>です

当院ではシーラントも使用して、虫歯になりやすい歯を守ります。 ただし、シーラントをしさえすれば虫歯にならないということはなく、シーラント後も毎日ブラッシングを丁寧に行い、定期的に メインテナンスに来ていただく必要があります。
シーラントをしたからと言って安心してメインテナンスに来ないと、シーラントが割れてそこから虫歯になってしまうことがよくあります。 したがって、シーラントはリスク検査によりリスクを把握し、継続的なメインテナンスの中で補助的に使用することが大切です。 当院では安易にシーラントを行うことはありません。