唾液検査

唾液検査とは?

なぜ歯ブラシをしても虫歯になってしまうのか?
逆に歯ブラシをたいしてしていないのに虫歯にならない人がなぜいるのかを解明するいわゆる体質検査です。
又、やみくもに歯ブラシや、予防にエネルギーを費やすより、まずは自分のお口が虫歯にどの程度溶かされやすいのかを把握する検査でもあります。この結果をもとに対策を立てて必要最小限の労力で予防を行った方が、長期的にお口の健康を維持しやすいのではないでしょうか?
虫歯が存在するということは、お口の「山火事」が起きているのです。
虫歯の治療は焼けてしまった木を植えかえているにすぎません。木の植えかえも大切ですが、最も大切なのは「消火活動」ではないでしょうか?唾液検査とはこの消火活動に相当するものです。

唾液検査でわかること

?虫歯菌(SM菌)の数

お口の中には無数のSM菌(ストリプトコッカースミュータンス菌)が存在します。このSM菌は、歯面に対して強い付着能力があり、お口で咀嚼されたショ糖や、炭水化物を「エサ」にして酸を分泌します。この分泌された酸により歯の表面は溶かされ(脱灰)虫歯として穴をあけていまいます。この虫歯の原因をつくるSM菌の数を測定することはとても大切なことです。

?虫歯菌の数(LB菌の数)

虫歯菌にはSM菌以外にもう一つLB菌(ラクトバチラス菌)という菌が存在します。
LB菌はショ糖や炭水化物の中にも含まれお口の中に運ばれてきます。このLB菌自体には歯の表面に付着する能力はありません。しかし、SM菌がつくった虫歯の中に入りこみ、更に虫歯の進行を加速させます。
又、不適合な銀歯や詰め物、歯並びの悪い歯などが絶好の住み家として存在します。このLB菌の数も虫歯のなり易さに大きく影響いたします。

?唾液の緩衝能(酸を中和させる能力)

SM菌がつくった酸を中和する能力が唾液には備わっています。
口の中の酸を中和させる能力を緩衝能をいい、高いと虫歯になりにくく、低いと虫歯になりやすくなります。

?唾液の分泌量

5分間の間に分泌される、唾液の分泌量を測定します。
唾液には、歯の表面の汚れをきれいに洗い流す役目があったり、食べ物の消化を助けたり、食べ物に含まれる化学物質を薄める能力があります。つまり唾液の分泌量が多いと虫歯になりにくく分泌量が少ないと、虫歯になりやすいといえます。

?DMFT指数

・D…未処置の虫歯の本数
・M…抜去された歯の本数
・F…虫歯が原因でつめ物やかぶせ物になった歯の本数
   (TはTeethつまり歯のこと)
DMFの合計指数とは、虫歯経験本数と言いかえられます。
つまり本数が多ければ虫歯になりやすく、低ければ虫歯になりにくいといえます。

?歯垢の蓄積量

歯垢の量が多いことは、虫歯や歯周病になりやすい状態です。
特に咬み合わせの溝や、歯と歯の間、歯と歯肉の境目にある歯垢は、とても危険です。蓄積量は、4段階で評価いたします。

?飲食の回数

食事を取るたびに、口の中は数分で酸性になり、歯の表面の成分(カルシウム・リン)が溶かされはじめます(脱灰)。40分ぐらい時間が経つと、PHは高くなり、溶かされた歯の成分はもとに戻されます。(再石灰化)

?フッ素の使用状況

フッ素の力とは?
?再石灰化の促進作用。
?再石灰化の際フルオロアパタイトを生成し、より耐酸性の高い歯質とする。
?酸の産生を抑制する。
?抗菌作用がある。

歯と唾液と歯垢(虫菌)の間では、常にカルシウムとリンの交換、つまり脱灰と再石灰化が行われています。この時、酸性状態が続くと、脱灰が進行し、やがて虫歯となります。しかしフッ素は再石灰化を促進し、エナメル質の表面にフルオロアパタイトを生成して、より耐酸性の高いエナメル質を形成します。また、プラーク中の細菌の酵素を阻害する働きがあるため酸の産生も抑制します。

唾液の質と量

「わたしは歯の質が弱いから」という人がいます。「女は子どもを産んで歯がダメになるのよ」という体験談もよく耳にします。実際、歯のエナメル質は人により、そのかたさはさまざまです。歯科医が使う高速回転するヤスリを跳ね返してしまうようなかたい歯に出会うこともあるのです。
しかし、俗に「歯の質」といわれている質のちがいは、じつはなによりも唾液のちがいです。唾液の量や唾液に含まれる抗菌成分は人によってずいぶんちがいます。また、歯のかたさ、すなわちミネラルの結晶の状態も唾液によって左右されます。
唾液は刺激によって分泌され、その量は1日約1リットルといわれていますが、人によりあるいは同じ人でもよくかめば唾液がたくさん出ますし、かまなければ唾液は少ししか出ません。また女性は、男性にくらべて唾液の量が少ない(刺激時の比較で男性の85パーセント)のですが、さらに閉経後には唾液の分泌量が減少することが知らされています。
分泌量ばかりではありません。唾液の量が人により大いにちがうのです。歯にくっついたプラークを中性にもどそうとする性質を緩衝作用といいますが、この唾液の緩衝能力は人によって、ときと場合によってちがいがあります。そしてさらに重要なことに、唾液には細菌の増殖を抑制する抗菌作用があるのです。イヌやネコは傷口をなめていやしますが、あれで立派な効果があるのです。

唾液の量がなんらかの原因で少ない人は、虫歯になりやすい人です。口のなかを洗い流す能力が劣っているばかりではなく、分泌量が少ないと、一般的にプラークを中和する能力も低くなってしまうのです。もちろん、細菌が増えるのを抑制する力も劣ります。
歯にくっついたプラークが産生しつづける酸によって歯のカルシウムやリンが溶け出し虫歯になるのですが、唾液はこのプラークを通してカルシウムやリンを歯のなかに送り込む働きもしています。
食事をとってから時間がたてば、プラークからつくられる酸の量は減少し、唾液の緩衝能力のために歯をとりかこむ環境は中性にもどり、ふたたびカルシウムやリンが歯のなかにとり込まれます。ミネラルがきれいな結晶になった歯は容易に虫歯にはなりません。生えたばかりの永久歯が虫歯になりやすく、大人が虫歯になりにくいひとつの理由はここにあります。
睡眠中はほとんど唾液が分泌されないため、もし寝る前にジュースを飲むくせがあるなら、夜通し口のなかでは歯の表面からミネラルが失われます。糖尿病の人は、食事をしなくても唾液のなかにグルコースが分泌されるため、要注意です。

唾液の性質によって歯石のでき方も人それぞれです。3ヶ月に一度の定期的なクリーニングをしていても前歯の内側などに来院のたびに歯石をつくってしまう人がいます。歯肉から上に見える歯石は、すぐに害になるものではありませんが、歯肉の炎症を起こしやすいので、このような歯石のできやすい人は、ふつうの人よりもひんぱんに歯科医院で管理してもらったほうがよいでしょう。
唾液のうち下の前歯の内側近くから出てくる唾液には、たくさんのリンとカルシウムイオンが含まれています。このため、下の前歯の内側には歯石ができやすいのです。唾液から二酸化炭素が奪われると、唾液のなかのイオンはいっそう歯に沈着しやすくなります。
ですから、長時間のランニングする人や、鼻が悪くて口で呼吸する習慣のある人はふつうの人より歯石ができやすいことが知らされています。また鼻の悪い人の場合には、どうしても上の前歯の歯肉の外側が乾いてしまうので、唾液のよい影響を受けることができず、歯肉の炎症を起こしがちのようです。