矯正治療

矯正歯科について

歯並びでお悩みの方へ

歯の矯正治療を受けずに放置しておくと、十分な歯磨きがしにくいため虫歯や歯周病になりやすく、またものを噛む能力の低下、発音障害、顎の関節や筋肉の病気など様々な影響を受ける可能性があります。
矯正というと子供のころに行うものというイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、けっして大人になってからでも遅くはありません。
大人が矯正治療を受けることは欧米では一般的です。
最近は日本でも大人になってから治療をされる方が増えてきました。
目的意識がはっきりしているだけに、大人の矯正にはより確かなカウンセリングが必要です。
当歯科医院では専門医があなたに最適なプランを提案させていただきます。

矯正治療をお考えの方に

横浜歯科小冊子 80才になってもリンゴを丸かじりする法則


歯をもっと大事にしたい。もっと歯を長持ちさせたい。いくつになっても自分の歯で美味しく食事がしたい。など、歯の健康について真剣にお考えになられている方に、[矯正][インプラント][歯周病][予防]について院長自ら執筆した、横浜歯科クリニック特製小冊子「80才になってもリンゴを丸かじりする法則?歯を長持ちさせる本当の秘密?」を差し上げます。

※配布は医院でのみ行なっております。スタッフまでお問い合わせください。

デコボコ、ガタガタの歯並びを放置、その悲しくて辛すぎる運命とは?

「歯並びが悪い」とは何を意味するのでしょうか?見た目の悪さ?噛みずらさ?もちろんそうですが、最大の欠点は、「歯並びの悪い部分は寿命が短く、早い段階でグラグラして抜けてしまう」可能性が極めて高いことにあります。
家の中でも冷蔵庫やベットの下にホコリがたまりやすいのと同様、お口の中でも歯並びの悪いところはバイ菌が常にたまりやすいのです。
歯ブラシをしても、うまく当てる事ができず、バイ菌が好む不潔な場所となります。
当然バイ菌は常に排泄物や毒素を分泌します。そのため虫歯を作るばかりか、歯をグラグラさせて抜けてしまうことが圧倒的に多いのです。

しかし、年齢が若い時はご本人の免疫力が高いため、あまり症状として現れません。中高年を迎えるころ、「腫れた」「グラグラしてきた」と言って病院にいらっしゃるのですが、ほとんど「抜歯」→「入れ歯」のお決まりのパターンにはまります。
人間とは弱い動物で、何か不具合が生じてからでないと行動を起こしません。特に矯正治療の場合、ある程度年齢が進んでしまうと、「今更矯正してもしょうがないでしょ」という心理状態になり、そのまま放置されてしまいます。そして、歯がグラグラして入れ歯になる悲劇を向かえてから「若いころ矯正しておけば良かった」と後悔される方が、圧倒的多数いらっしゃいます。
やはり神様は見ています。矯正治療を受け入れ、勇気ある一歩を踏み出した方々は、美しい笑顔や生涯健康な食生活を手に入れています。

必要な治療を先延ばしにするメリットは何もありません。デメリットしかありません。
そこで、ぜひ皆さんにも最初の一歩を踏み出していただきたいと思い、現在のところ矯正治療に関するご相談は、一切無料とさせていただいております。
まずはお気軽にお問い合わせください。ぜひお待ちしております。(完全予約制)

歯並びをなぜ正しくするのか?

1.脳の発達が良くなる

しっかりと噛み砕くことで脳が刺激を受け、働きが良くなり、知能の発達が促され、記憶力向上にもつながります。

2.自信を持って話せる

歯並びが悪いと、正しい舌の動きができずに発音に障害が出ることが多いですが、歯並びの改善により、人前でも自信を持って話せます。
矯正治療終了後71%の患者さんがこのような感想をお持ちになられています。

3.虫歯や歯周病になりにくい

歯並びが悪いと、お口の中のバイ菌が停滞しやすいですが、歯並びが良くなると、バイ菌が付着しにくくなるので、最高の予防処置ともいえます。

4.美しい口元になり、性格が明るくなります

歯並びが悪いため、口を開けて笑えなかった方も、そのようなコンプレックスが解消され、魅力的な笑顔になります。

歯並びが悪いままだとどうなるの?

  1. 学力や運動能力の低下を招きやすいです。また、視力低下の原因にもなります。
  2. 顎の発育に悪影響が出やすく、顔のバランスが悪くなりやすいです。
  3. 口元やルックスにコンプレックスを持ってしまい、内向的性格になりがちです。
  4. 筋力のバランスが崩れて姿勢も悪くなります。頭痛、耳鳴り、肩こり、腰痛等が出現しやすくなります。
  5. 虫歯や歯周病になりやすいです。かなり若い方でも歯を失うリスクが高くなります。

矯正専門医

矯正歯科医
佐々木 啓真

昭和39年生まれ
神奈川県横浜市出身
日本矯正歯科学会認定医
経歴 平成元年に東京医科歯科大学歯学部卒業後、
平成10年まで東京医科歯科大学付属病院矯正科に在籍、臨床・研究にたずさわる。
平成8年に日本矯正歯科学会認定医を取得
趣味 登山と写真です。
まとまった休みがとれると立山連峰などを妻といっしょに登山しています。
その時の風景などを写真に収めたりしています。
休日の過ごし方 登山と読書がメインです。
またカメラが大好きなのでよく家電ショップやカメラ屋さんをおとずれています。
矯正医を目指した理由

自分も子供の頃、受け口で更にデコボコの歯並びでした。そのため人前で歯を見せるのが恥ずかしかったです。小学校低学年から高校生になるまで矯正歯科に通院していました。
矯正治療終了後は、自分の笑顔に対して自信が持てるようになりました。
私もぜひ歯列不正で悩んでいる方々を一人でも多く、お力添えをしたいと思い矯正医を目指しました。

相談について 矯正治療には様々な不安、疑問があると思います。
しかし、横浜歯科クリニックではそれら全てに専門医がお答えさせていただきます。
例えば、
・期間はどれくらいになるのか?
・費用はいくらかかるのか?(分割でも可能か?)
・治療のタイミング(年齢)はいつごろが最適か?(成長期後や思春期前等)
・部分的な矯正でするのか? etc…

お気軽にご相談ください。
費用の目安 基本料 15万?60万 消費税別途
調節料 5千円
開始時期や治療法、状態によって変わりますので詳しくはご相談ください。
相談料は無料です。
メッセージ 矯正医になった当初は、きれいな歯並びや咬み合わせであることの重要性をあまり実感できませんでしたが、20年を経過して、様々な症例を経験するうちに、長期的な口腔内の健康にとってそれらがいかに重要か実感できるようになりました。
このことは、80歳で20本の歯が残っている人を対象に咬み合わせの状態を調べたところ、反対咬合や開咬がなかったことからも実証されています。
これからも、皆様の長期的な歯の健康に貢献できるよう頑張っていきたいと思っています。