歯が弱いは親からの遺伝?体質?ってホント

よく患者様にこんなことをおっしゃる方がいます。「親は二人とも早くから総入れ歯。私も歯周病がひどくって。歯周病はうちの家系は歯が弱いみたいです。 六十過ぎたら急に歯が悪くなっちゃって。将来私も総入れ歯かなー、どうせいつかは総入れ歯に どっちみちなるんですよね」 たしかに歯周病の場合、遺伝的なリスクも影響します。歯周病って歯周病菌による感染で す。だから、からだの抵抗力が強いか弱いとか、そういう遺伝レベルでの体質の影響っていうの はあるんです。それから、歯並びって遺伝するでしょ。歯並びが悪いと、歯みがき難しいから、 プラークが口のなかに残りやすいんです。 だけど、歯周病の原因って、やっぱり後天的な要素のほうが問題が大きいです。っていうのも、 たくさん歯周病菌持っている人といっしょに暮らしていると、歯周病菌による感染のリスクが高く なりますから。だから、たくさん歯周病菌を持つ親御さんと暮らしていたんで、きっとそれが娘さん にしっかりと受け継がれちゃうんです。旦那さんも感染しちゃってるんでしょうね。 じつは、歯周病菌の感染って、親子間もそうだけど、夫婦間も問題なんですよ。だから、ご両親 ともに歯が悪いっていうのも、なるほど、そうなんだろうなあ、って思っちゃいますね。 もう一つ問題なのが生活習慣。軟らかくて噛み応えのないものを好んで食べてみると(歯が悪い とますますそうなりがち)プラークがつきやすいんですよ。だから、家族の食事が全体的に軟らか めだと、家族中プラークがつきやすいお口になってくる。でもって、ブラッシングの習慣なんか も、家族ってみんな似てますでしょ。 それと、喫煙の問題もありますね。家族の誰かが吸ってると周りはタバコの煙を吸うでしょう。昔は あんまりタバコの煙を気にしなかったしね。そうすると家族みんな免疫が低下する。てことは、歯 周病になりやすくなりますよね。 まあだから、どうせ歯医者に通って治療するなら、ご両親みたいに仲良く総入れ歯にならないよ うに、ご夫婦で「私も治療するから、あなたもいっしょに通いましょうよ」って、誘ってみたらい いと思います。感染症なんだから、夫婦のどちらかが一人で治すより、いっしょに治すほうが合理的 だし効果も上がりやすい。ぜひご夫婦で歯医者さんにどうぞ。 ”歯周病って、遺伝よりも生活習慣や家族間の感染のほうがむしろ影響大! 家族そろって治療&予防をはじめましょう!” http://www.cyber-digital.jp/dental-flash/