新型コロナウィルスに対する院内感染対策について

まさか中国に端を発する新型コロナウィルスがここまで世界中に猛威を振るうことになろうと は誰が想像できたでしょうか? 今、多くの人がウィルスという目に見えない敵に、得体の知れない恐怖を抱き、なにを 信じて良いのか分からなくなっていることでしょう。 我々医療従事者及び医療機関においてもコロナ差別という言葉を目にするようになりました。 当院では安心して患者様に歯科医療を受診していただけるように感染症対策を最大限 行った上で診療行っております。 ウイルスという目に見えない敵ではありますが、人類は過去にも多くの 似たような危機に屈することなく、たくましく生き延び今日の繁栄を築いてきたのです。 この緊急事態宣言下において、国民一人一人が意味を良く理解し、自己中心的な考えを 捨てることが何よりも大切なのではないでしょうか?他人を思いやる気持ちの欠如に 我々人間たちが気づかなければ、私たちの生活にますますこのウィルスは侵入してしまいます 。横浜歯科クリニックは開業以来、特に衛生面および安全な医療に力をいれてきました。 患者様のお口に入る器具は全て滅菌もしくは廃棄しています。そして患者様の診療 終了ごとに消毒液での診療台の清掃、ドアノブなど導線の消毒を徹底しています。待合室でも 密着、密接、密閉が起こらないように予約の時間を長めに、なおかつ患者様の入れ替わりの 時間も考慮し予約を調整しています。ソファーの間隔を広げ十分換気を行って診療を おこなっております。また患者様の来院のたびに健康状態のチェック、スタッフも検温を 行い、体調不良者は診療室に入室禁止としています。診療開始時には患者様の口腔内 を消毒液にて洗口して頂きお互いの感染リスクを低下させる、といったこともおこなっております。キッズコーナーや 雑誌等も不特定多数のかたが触れるため現在、閉鎖および撤収しております。なにとぞご不便 をおかけいたしますが、ご了承いただけたらと思います。大型空気清浄機2機フル稼働させ 安全面に最大限配慮した上で診療を行っていきますので、今後とも宜しくお願いいたします。 人類史上始めってと言って良いくらいの試練ですが、ぜひ皆様とご一緒に乗り越えていきま しょう。