ノンシュガーのドリンクも実は危険がいっぱいです。

歯にも、からだにもいいから運転中はノンシュガーゼロカロリーコーラ。ある患者様がこんなことを言ってました。 「ノンシュガーゼロカロリーコーラ、最高だねえ。仕事中はずっとこれ。信号で止まるごとにひと口ね。 わたし、昔から歯が悪いんで、これまで砂糖が歯によくないと思って、飲むの我慢してたんで すよ。ノンシュガーなら歯にいいし、ダイエットにもね。飲めば飲むほどからだにいいってん だから、うれしくなっちゃうよね。」 タクシードライバーのみなさん、お仕事お疲れさまです。運転中は緊張の連続。お客さんへの 気配りも大事で気の抜けないお仕事ですもの。大好きなコーラでも飲んで、スッキリ爽快な気 分で運転していただきたいな、って私も思います。 嗜好品って、本当に大切ですよね。私たちがこころ豊かにほがらかに生きていくために、とっ ても重要なものですよ。こればっかりは理屈抜きです。 「からだいいい」というノンシュガーゼロカロリーコーラ。糖の摂り過ぎが気になる健康志向のかたに大人 気です。砂糖が入ってないから、むし歯菌のエサになる心配もない。そこもすごくいいです ね。 ただ、歯科医師の立場からは、ひとつ気になることがあります。それは歯の「酸蝕症」なんで す。 酸蝕症というのは、酸性度の強い(酸っぱい)飲み物や食べ物を過剰に食べたときに、その酸 に触れた歯が溶けてしまう、という病気なんです。エナメル質が薄くなる分、歯が弱くなっ て、むし歯にもなりやすくなります。 ふつうの飲食のなかで摂る酸なら、唾液が洗い流して修繕してくれますから心配いりません。 でも酸性の強いものを習慣的に長時間飲食していると、唾液の働きが追いつかなくて、歯が溶 けてしまうんです。 いちばん気になるのは、信号ごとにチョビチョビ飲んでいるってこと。ゼロカロリーとはいえ コーラですから、けっこう酸性度が高いんです。だから、運転手さんの歯は、毎日長い時間、 酸を浴び続けているんじゃないかなあ、って心配です。そして糖質の含有量のチェックは 欠かさないで下さい。ノンシュガーとは言え糖質がゼロとは限りません。糖質を虫歯菌は餌にし て、酸を排出し歯を溶かすからです。 ただ、私だって歯に悪いと知りつつ、甘いものをちょっと食べてホッと一息してますもの。 コーラの気分転換が安全運転の源になっているのかもしれませんよね。 そこで、飲み方を変えたらいかがでしょう。休憩のときに冷えたのをグーッと一気に飲んで、 スキーッと気分転換するんです。こうすると、歯が酸に触れる時間を短くできます。上手に飲 んで、歯を守りつつリフレッシュを楽しんでくださいね。 「ノンシュガー、ゼロカロリーの飲みものも、長時間のチョビチョビ飲みは、「酸蝕症」の原 因になるかもしれません。 飲むなら休憩のときにグーッ!と飲んで一気にスッキリ爽やかになっちゃってください!」 http://www.cyber-digital.jp/dental-flash/