出産のたび歯が悪くなるって?

”出産すると歯が悪くなるのはなぜかー。赤ちゃんがカルシウムを使っちゃうからでしょうか? ひとり産むごとに、つぎつぎ歯が悪くなっちゃってしまう。 3人目ともなると奥歯がグラグラなんだけど、出産のたびに歯が悪くなるのはなぜでしょう? たしかに昔からよく言われてます。でもこれ、じつは迷信。お腹の赤ちゃんのせいで悪くなってい るわけじゃないんです。ただし、妊娠中にむし歯が増えたり、歯周病が悪化したりっていう人は 実際多のです。 原因のひとつはケアの問題。つわりがあると歯ブラシと口に入れるのがつらくなるでしょう。 プラークが溜まれば細菌が増えてむし歯になりやすいし、歯周病も進行しやすいのです。つわ りには個人的差がありますが。 それから食事や中間の問題。妊娠中はつわりやお腹が圧迫されるせいで、ちょこっとずつ何度 にも分けて食べることも多い。結果的に、細菌にしょちゅうエサを与えることになりますね。 実際のところ、妊娠期の女性には、間食の回数が増え、酸っぱいものが好きになって唾液が酸 性になり、口内環境が悪化しやすいという特有のリスクがあるんです。 さらにもうひとつ。妊娠すると女性ホルモンのエストロゲンの分泌が増えるんですが、歯周病 菌はこれが大好き。ホルモンをエサにして増殖します。歯周病菌の出す毒素によって歯周病が 悪化するのはもちろん、この毒素がじつは早産や低体重児出産に影響を与えることも明らかに なっています。歯周病菌の毒素が血液内に入ると、それが子宮を刺激し、赤ちゃんを早く生ま せようとしてしまいます。 妊娠中の口のなかは、ただでさえ細菌が増殖する環境がバッチリ整ってます。細菌にとっては 「機は熟せり」って感じですね。だけど、妊婦さんは身体的なストレスを強く受けているわ けだし、無理もないんですよね。 だから、とくに歯周病の人は、妊娠前に治療を済ませておいてほしいし、健康なお口の人もふ だんからスケーリングやPMTCで細菌を減らしておいてほしい。そうすれば、妊娠中のむし歯 や歯周病を予防できるし、早産のリスクも減らすことができるますからね。 それから、第一子を早産したり未熟児だったりしたかたは、念のためお口の状態を調べてもら うとよいでしょう。   日頃からケア&治療しておけば予防できるんですよ。 http://www.cyber-digital.jp/dental-flash/