なぜ適切な診断をするためにはレントゲン撮影が必要なのか?

レントゲンって、からだに悪いんでしょう?だからレントゲンは撮らないでほしいんで す。とくに歯医者さんは一度に何枚も撮るでしょう?なんだか心配なんですもの。それ でね先生、このへんが昨日からズキズキして。この歯かしら。それともこの歯?え、撮 らないとわからない? 「レントゲンを撮らないで治してほしい」とは…。そうお思いになるなら仕方がない。 「残念ですが、撮らせていただけないのなら治せません」って、私ならお話しします ね。 だって、どこが痛いのか、どれくらい広がっているかの見当もつかないのに、あてずっ ぽうで歯を削ったり、歯ぐきを切ったりできますか?エックス線写真どころか、CTま で普及しつつある時代に、そんな蛮勇は、とてもじゃありませんが私は持ち合わせてい ません。とくに歯は、一度削ったらもとには戻らないんですから。 口をちょっと覗けば、どこでなにが起きていて、どれくらい悪いかがプロならすぐにわ かるんじゃないかとお思いなのかもしれませんしね。しかし、実際はそんなに簡単なも のではないんです。 ピタリと接した歯と歯のあいだの、外から見えないところからはじまるむし歯もありま す。詰め物や被せ物の下でひっそりと広がるむし歯もある。それから、歯の根っこの先 で炎症が進んでいる場合も、歯ぐきのずっと奥で炎症が起きていることだってある。歯 の病気は、進行したものほど、見えないところで深く深く進んでいるんです。見たとこ ろ、なんでもないように見えてもね。 たしかに、レントゲンを撮れば「被爆」をします。放射線を浴びるわけですからね。 しかしだからといって、それが「怖いから」とレントゲンを撮らずにいたら、この辺り かな?それともこの辺りかな?と治療が手探りになってしまい、適当にガリガリと削ら ざるを得ないばかりか、ズキズキしてつらいのに、きちんとした治療を受けられませ ん。 実際のところ、歯科医院のレントゲンの被曝量は、飛行機に乗って日本とアメリカとの あいだを往復したときに受ける自然被爆量と同程度かそれ以下だと言われています。そ のリスクと、撮らなかったときに受ける不利益とをしっかり天秤にかけ、適切に選択し ていただきたいものですね。 見えないところもしっかり調べて正確に診断するためにレントゲン写真が使われていま す。正確な診断による適切な治療を受けるかあてずっぽうの治療でいいのか、よくよく 考えて選択しましょう。 http://cyber-digital.jp/dental-flash/