幼い子供の歯ブラシのウソ ホント

幼い子供の歯みがきについてお話ししましょう。 授乳と離乳食の時期でも、歯は汚れないと思わないでください。 私は子育て中のお母さまがたにこうお伝え しています。「ちっちゃな前歯が生えてきたら、1日に一度でよいので、ぜひ歯みがきを してあげてくださいね」って。 赤ちゃんは、まだ飴もチョコも食べないし、歯みがきしなくても大丈夫なんじゃないか とお思いかもしれません。 でも、歯の表面や、歯と歯のあいだには汚れが溜まるんです。とくに哺乳瓶やマグカップがい つもあたる前歯は注意が必要な場所なんですよ。 赤ちゃんが動き回って歯みがきするのが難しい、と困っているなら次善の策として、 「歯と歯のあいだにフロスをして、あとはガーゼで拭いてあげてみては?」とアドバイ スしています。ホルダーについたフロスを使うとササッとできておすすめです。 お母さまがたからよく聞かれるのが、「フッ素はいつ頃から使えばいいですか?」とい う質問です。歯が生えてきたら、フッ素(フッ化物)入りジェルなどを使いましょう。 生えたての歯にはフッ素の効果がより高いんですよ。安心して使っていただきたいです ね。歯ブラシや、ガーゼにつけて使うといいですよ。フロスも忘れずに。 ただし、奥歯が生えてくる頃にはガーゼは卒業です。噛み合わせの溝を歯ブラシでよく みがく必要が出てきますから。もちろんフロスはそのまま続けましょう。 反抗期の2歳近くになってから、甘いおやつが好きだからと急に歯みがきをはじめても、 なかなかうまくいかず、歯みがきが嫌いになってしまうこともあります。赤ちゃんの頃 からお口のなかを触られることに慣れさせておくって大切です。 この調子で仕上げみがきを続けば、むし歯ゼロで成人を迎えるのだって夢じゃありませ ん。赤ちゃんの頃からの口腔ケアをおすすめしている歯科医院も増えています。世代間 でもしも意見が割れたら、一度相談してみるのもいいと思いますよ。 「歯が生えたら歯みがきをはじめましょう!じつは、歯が生える前だって口腔ケアは大 切。ミルクの汚れをガーゼで拭いてあげましょう。幼児用フッ素ジェルやスプレーも売 られています。うがいしないで大丈夫なので安心してお使いくださいね!」 http://www.cyber-digital.jp/dental-flash/