神経を取ったのになぜ痛むの?

「根っこの神経を取る治療が終わったのですが、 神経を取ったはずなのに、噛むとジワーンって違和感があるんです。 もしかして、神経が取れてないんじゃないのですか? だって神経がなくなったら、何も感じないはずですよね?なんだか心配です。」 むし歯が進んで歯のなかにある神経に近づくと、冷たいものや温かいものに 敏感になります。さらに進むと、冷温に反応してやがて歯が痛み出します。 この痛みが一時ですと、まだ神経を取らなくて済むので、むし歯の部分だけを取って、 そこに詰め物をして治療が終わります。 でも、冷温の刺激に対して痛みが一時でなく、しばらく続くようになると、 細菌がかなり神経を侵していることになりますから、残念ですが神経を残しておく ことはできません。放っておくと痛みが激しくなり、やがて神経は死んで歯のなかで 腐っていきます。このため、神経を取る治療が必要になります。 まず麻酔をしたあと、針のような道具に神経を引っかけて取り除きます。前歯にくらべ て奥歯の神経は複雑で取りにくく、細い針に引っ掛けて少しずつ取り除くことになりま す。これは歯医者さんにとってとても根気のいる難しい治療です。 神経を取った後は、神経が通っていた根っこのなかをきれいにし、詰め物でしっかり封 鎖して外から細菌が入ってこないようにして根の治療が終わりです。 さて、神経を取ったあと、噛むとジワーンとした違和感があるとのこと。 「歯が浮く感じがする」と表現する患者さんもいますが、神経を取ったのになぜ噛むと 歯が痛むのか疑問を持たれる噛むと歯が痛むのか疑問を持たれる患者さんも少なくあり ません。しかし、神経を取ったあとのこうした症状は、ある程度避けられないものなん です。   「神経を取る」という処置ですが、これは小規模ながら、歯の神経を生体の一部からち ぎって取り除いているわけです。いわば外科処置ですから、歯の周囲にある神経や、歯 を包んでいる歯根膜などについた傷が癒えるまで、多少の違和感は仕方がない面があり ます。ですから順調に回復するよう、神経を取ったあとはやわらかいものを食べて、安 静に過ごしてください。それでも痛みがさらに増すようなら、もしかしたらほかに何か 問題があるのかも。治療を受けた歯医者さんに遠慮なく相談してください。 「根っこの神経を取る治療は、三叉神経につながる神経の一部をブチッと切るという、 小さな外科処置なんです。傷口がふさがるまでは多少違和感はあると思いますが徐々に よくなるので、しばらくはそっと噛んでくださいね。」http://www.cyber-digital.jp/dental-flash/