皆さんの苦手なデンタルフロスを使いこなそう

デンタルフロスは、歯ブラシでは取り切れない、歯と歯の間のプラーク(細菌のかたま り)を取り除くのに欠かせません。虫歯や歯周病予防のマストアイテムなわけですが、 わかってはいても使い続けられないというかたが多いようです。 しかし一方、うまく習慣化できる方もいます。この違いは何なのでしょうか。ライオン の調査で、フロスを当たり前の習慣にするヒントが見えてきました。 習慣化できない人の8割がタイミングを決めていない。 2018年2月に、ライオンは20~60代の男女300にフロスの使用実態についてウェブ調査 を行いました。「フロスを使っていて、かつ習慣化できていると思っている」150名 (ほぼ毎日が65%)と、「フロスを使っているが、習慣化できているとは思っていな い」150名(月に1~2回使用が41%)にアンケートに答えてもらったのです。 それによると、習慣化できた人150名のうち、73%が「フロスをいつも決まったタイミ ングで使用している」とのことで、つまりフロスの習慣化できていない人の82%は「フ ロスを使うタイミングを決めていない」とのことで、つまりフロスの習慣化には、「使 うタイミングを決めておく」ことが大切といえそうです。 実際、タイミングの重要性を裏づける英国の研究があります。フロスを使う習慣のない 47名を①と②の②グループに分け、①には「フロスを使って下さい」と漠然と伝え、② には「いつ、どこで使ってください」とタイミングまで指示しました。 そして2週間後と4週間後のフロスの使用日数を平均して比較したところ、①と②ではフ ロスを使った日数に2倍以上の開きがあったのです。たとえば2~4週目の14日間では、 ①は4日しかフロスを使わなかったのに対し、②は10日も使っていました。 ほかにもいろいろ、習慣化の工夫。 ライオンの調査では、習慣化できている方たちに習慣化の工夫もお聞きしました。おも なものは、 〇日常の習慣とセットで行う。 フロスを使うのは、「歯みがきといっしょに」「必ず寝る前に」「お風呂に入ったとき に」 〇目に見えるところに置いておく。 フロスは「歯ブラシの隣に置く」「浴室やリビングにも置く」 などでした。タイミングを決めて、すぐ手に取れるところに置いておくのがポイントで すね。 面白いのは、習慣化できている人でも半数以上は「フロスはやっぱり面倒くさい」と 思っていること。その面倒くささを跳ね返す秘訣が、からだにタイミングを覚えこませ ることなのでしょう。 習慣化の工夫はどれも簡単なものばかり。毎日のオーラルケアに取り入れてみてはいか が ですか?。 www.cyber-digital.jp/dental-flash