噛めるようになったら、カロリーオーバ-にご注意を!

治療が終わってよく噛めるようになると、食べる楽しみが戻ってきて食が進みますよね。でも これ、じつはいいことばかりではありません。高カロリー低栄養を見直さずにただ食べる量を 増やしてしまうと、むしろメタボをまねきかねないのです。 奥歯にインプラントが入ると、以前のように「よく噛めるお口」が戻ってきます。歯をなくし てから食事のたびに味わっていた「噛めない」というストレスから解放されることは、なにも のにも代えがたい喜びだと思います。 ただ、私が非常に気になっているのが、急激な体重の増加です。入れ歯やインプラントの治療 を終えた患者さんに、少なからず起きてくる変化だからです。私が食事データを 取りはじめたのも、こうした問題を「なんとか解決したい」という気持ちからでした。 入れ歯やインプラントが入り、快適に噛めるようになった患者さんの食事指導を続けてきた経 験からつくづく感じるのは、「奥歯がないあいだに身についた食生活はなかなか頑固で、意識 して改善しないと変わらないものだ」ということです。 たいして噛まずに流し込める軟らかい食事は、歯が入っても食べやすいメニューであることに 変わりはありません。そのため、放っておくと治療後も、奥歯がなかった頃の食の好みが定着 したまま継続してしまいます。 また、噛まずに食べる癖がついていると、意識的によく噛もうとしない限り、流し込み食べも 直りません。そのため、歯が入って食が進むぶん、過食になりやすく肥満をまねきやすいので す。せっかくなんでも食べられるようになったのですから、肉や野菜もバランスよく食べ、健 康的に体重と体組成のコントロールをしていきましょう。 知らず知らずに定着した食の好みや食習慣は、自分で気づいて改善するのはとても難しいもの です。かといって、改善をしないとますますメタボが加速し、動脈硬化や糖尿病などを発症、 または重症化させかねません。 治療が終わって良く噛めるようになったら、それまでの食生活を見直すために、歯科医院や職 場の栄養相談を利用して管理栄養士などの専門家の指導を受け、からだにいい食生活に戻して いきましょう。