歯周病や虫歯についての勘違い

〇むし歯の穴は、病気が残した傷あと   むし歯の穴は、う蝕という慢性の病気が目に見える形になったものです。ウイルスの感染で高熱が   出て、全身に発疹ができ、水ぶくれがたくさんできる痘瘡(天然痘)という病気がありますが、痘   瘡(水ぶくれ)が人目につくので、目に見える形になった病気の代名詞になっています。穴の開く   前のさまざまなプロセス、穴の底からの歯髄への感染など、「穴」以外に病気のいろいろな側面が   あります。簡単にいえば、むし歯の穴は、むし歯という病気が残した傷あとなのです。   傷あとを修理して快適にするのも大事なことですが、むし歯の治療で最も大事なことは、病気を今   以上に進行させない、自然に治らないほど大きな穴が開くまで放ったらかしにしないことです。で   は、どういう治療をするのか?それを理解するには、むし歯の原因を理解していただく必要があり   ます。   〇歯がグラグラするのは歯周病の後遺症   悪くなると歯がグラグラ揺れて抜けてしまう歯周病の治療も、20?30年くらい前までは、むし   歯と同じように、病気で悪くなった結果にだけ注目して治療をしていました。グラグラ揺れる歯を   動かないように固定していたのです。   糖尿病という病気をご存知でしょうが、糖尿病はひどくなると、指先、網膜など末梢の組織がでし   まいます。その結果、目が見えなくなる(糖尿病性網膜症)ことがあります。   ここで目の治療をすることや眼鏡をつくることを糖尿病の治療だと考える人はいないでしょう。歯   周病で、グラグラになった歯をつないでかめるようにする治療は生活の障害を軽くする対策です   が、歯周病の治療ではありません。   残念なことに、歯科医の教育や医療制度が変わるには、わが国の場合、かなり時間がかかります。   多くの患者さんは、削って何かを詰めるのがむし歯治療だと思っていますが、実は歯科医自身も穴   のまわりを削ってきれいに詰めることだけをむし歯治療だと考えてきました。病気でできた傷あと   がひどいので、医者も患者もとにかく傷あとを治すことに専念して、薄々わかっていながら肝心の   病気を治そうとしてこなかったのです。   〇慢性の病気はリスクの管理が常識   「でも、詰めたりかぶせたりする治療しかしてくれない」と皆さんおっしゃるかもしれません。多   くの歯医者さんも同じように言います。「削って詰めてもむし歯はなおりゃしないけど、まず患者   さんがそれを求めるんだから仕方ない」。歯科医の教育も医療制度も同じです。こうしてだれもお   かしいと感じてはいるのですが、みんな堂々めぐりをしながらもたれ合っています。   むし歯、歯周病の悩みから解放され、歯のない苦労をしないためには、この堂々めぐりから抜け出   すのが対策です。患者さんの中に「目先のことだでじゃなく、自分の健康をやっぱり大事にした   い」と考える人がいるように、歯医者さんの中にも「患者さんの健康を維持して喜ばれて世の中の   役にたちたい」と考える人がたくさんいるのです。   そのために、まずリスクという考え方になじんでください。そしてリスクの管理を慢性の病気の予   防や治療やリハビリの常識にしてしまいましょう。