むし歯の細菌は、だれから感染するか

〇ミュータンス菌は、親から感染   誕生前の赤ちゃんの口の中には、もちろん細菌はいません。生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に   は、すでに細菌がいくらか検出されるようですが、(産道をくぐり抜ける間にもらってしまうらし   い)、むし歯の細菌(ミュータンス菌)はいません。むし歯の細菌が、口の中に見つかるのは、乳   歯が生え始める生後六ヶ月ごろです。   では、この虫歯菌はどこから赤ちゃんの口の中に感染するのでしょうか。普通、最も密接にふれ合   う保育者から感染します。一般的にはお母さんですね。お父さんや保育園の保母さんということも   あります。   ところで、むし歯を引き起こすミュータンス菌は、同じ種類でもわずかな違いで7タイプに分けら   れますが、お母さんと子どもの口の中にいるミュータンス菌をそれぞれ調べてみると、ほとんどの   場合が同じタイプのものでした。ミュータンス菌は、親から子に感染しているのです。   〇むし歯の感染を防ぐ   虫歯菌が親から子に感染するとなると、どうしたらいいのでしょう。むし歯を伝染させないために   スキンシップもスプーンの口移しもやめたというお母さんがいました。しかし、むし歯の伝染は防   いでも、母子の一番大切なつながりを忘れてしまったのでは、かえって大問題です。   この悩みを、次の研究が解決してくれました。   フィンランドの女性研究者サーダリンさんは、面白い研究をしました。歯科検診に参加した妊婦の   口の中の細菌レベルを調べて、ミュータンス菌がいっぱいいる妊婦を選び出し、お産が終わって、   赤ちゃんが三ヶ月?二歳の間、お母さんにキシリトールガムを食べさせたのです。そして、子ども   の口の中のミュータンス菌を調べました。子どもにはキシリトールガムは食べさせていないのです   が、キシリトールガムをかんだグループのお母さんの子どもたちの口の中からは、ミュータンス菌   が少ししか見つからなかったのです。ガムをかませるのをやめてからも調査はつづいていますが、   やっぱりガムをかんだ母親グループの子どもたちは、ミュータンス菌が少ないままなのです。   お母さんの口の中のミュータンス菌を少ないレベルに維持すると、子どもに感染しにくくなるらし   いのです。これは、母子の一番大切なつながりが、子どもをむし歯菌から救うことができることを   示しています。   この研究より前に母親のミュータンス菌を減らす予防処置をしたところ、何もない子どもたちの口   の中の細菌に大きな違いが生じたという実験が報告されています。三歳で実験を終了した後も差は   開いたままでした。   これはミュータンス菌の代わりに、いわゆる善玉菌が勢力を広げたために、ミュータンス菌が感染   しにくくなったものと考えられています。むし歯の数にも当然大きな差が出ました。