虫歯について

患者様体験談

以下の動画は当歯科クリニックで実際に治療を受けられた患者様のインタビューです。
クリックしてご覧ください。

※効果の感じ方には個人差があります。全ての方の効果を保証するものではありません。


※効果の感じ方には個人差があります。全ての方の効果を保証するものではありません。



虫歯と歯周病について

歯を失う原因

歯を失う原因のほとんどは虫歯か歯周病です。
つまり、この2つを防ぐことができれば、
生涯にわたって自分の歯を保つことができるのです。
横浜歯科クリニックでは、そのお手伝いをさせていただきたいと考えております。

虫歯治療

生涯にわたり、おいしく食事をいただくためには、口腔内の環境を良くすることが大事です。虫歯がある場合はまず虫歯治療をすることが第一歩になります。
大人の虫歯の場合は早期発見・早期治療が有効です。当歯科医院では抜歯は最後の手段と考えています。歯をできるだけ残すためにも早めに治療においでください。
治療後は毎日の歯磨きと医院での定期的な検診を受けていただくことで虫歯リスクを最大限減らすことができます。

とはいえ・・

歯医者はなんとなく怖くて
痛い治療は嫌・・・
わかっているけど、虫歯は進行しているけど、痛くないのでほったらかしにしている
歯科医院が怖い・・

と思われている方はまだまだ多いのが現実です。
怖い原因は治療時の痛みもそうですが、ドリルのキーンとした音や、今何をされているかわからないといった不安要素が大半のようです。
当歯科医院では痛くない治療を心がけているのは当然ですが、不安を解消していただくために治療についてのご説明をきちんと行います。
不安な点やわからないことがあれば、お気軽にお尋ねください。

初期の虫歯 歯の表面のエナメル質という硬い部分の範囲内の虫歯です。この部分には神経が無いので、痛みはまだ感じません。
中期の虫歯 エナメル質の下の部分である象牙質に達している虫歯です。この段階では、冷たい物や甘い物がしみたり、痛みがでます。「虫歯かな?!」と気付くのは、この段階のことが多いです。
後期の虫歯 象牙質の更に下の部分である歯の神経(歯髄)に達している虫歯です。この段階になると、強い痛みがでます。また、温かいものがしみて、咬合痛(かんだ時の痛み)もみられます。
末期の虫歯 歯の頭の部分(歯冠)はほとんど崩壊して無くなり、根の部分(歯根)のみが残っている状態です。
いくつか歯を残せる可能性はありますが、ここまで進行すると、抜歯になる場合もあります。

レジン充填

メインテナンスをしっかりと行っていても、虫歯になってしまうことがあります。 ごく初期のむし歯は、最小限に削って詰めるレジン充填での治療が可能です。

  • 虫歯を最小限に削って詰める治療

    レジン充填とは、歯を切削した部分に歯科用プラスチック(コンポジットレジン)を詰めて修復する方法です。従来はアマルガムという金属が用いられていましたが、現在では白いレジンを詰める方法が主流となっています。

  • 虫歯の拡大を抑えるための治療

    虫歯を徹底して予防しても、元々虫歯があったり、メインテナンスが不十分で虫歯が進行してしまったりすることがあります。
    虫歯がある程度進行してしまった場合には、虫歯により感染した歯を削り取らなければ感染が拡大し、さらに深い虫歯になり、やがては歯の神経まで感染してしまいます。 神経にまで至ってしまった虫歯は歯を大きく削った後に神経を取り除いたり、場合によっては歯を抜いてしまわなければならなくなります。歯を抜かずにすんでも、神経を取り除いてしまった歯は神経がある歯よりも弱くなってしまうため、将来的に歯を失ってしまうリスクが高まります。
    早い段階で歯を最小限に削ってレジン充填をおこない、それ以上虫歯を拡大させないことが歯を守ることにつながるのです。

  • レジン充填=最小侵襲治療

    歯を削る量を最小限に抑えます。
    かつては虫歯が見つかると。虫歯になった部位だけではなくその周囲の歯も大きく削り取って、金属の補綴物で修復をおこなっていました。これは<予防拡大>という考え方で、少しでも虫歯菌に感染した部位が残っているとそこから再発してしまうため、虫歯のリスクがありそうな部分を徹底的に削って取り除くことで虫歯を予防しようとするのが主流でした。
    現在では、レジンの装着性が高くなったこと、歯を削る量を最小限にした方が歯を守るために有利になることが科学的な研究により明らかになったので、できるだけ歯を削らないM1(ミニマルインターベンション/最小限の侵襲)の概念に基づいた歯科治療が主流となって来ています。
    当院でも、どうしても虫歯を予防できなかった場合の第1選択として歯を最小限に削るレジン充填をおこないます。

インレー

p001

小さな虫歯でも、レジン充填では対応できない部位や形態の場合は、金属またはセラミックの詰め物をはめ込むインレー修復をおこなうことがあります。

  • 虫歯を少し削って詰める治療

    インレーとは、虫歯を削って取り除いた部分にはめ込む詰め物のことです。 削る範囲が比較的小さな虫歯の治療に用いられます。インレー修復では、歯を削って型を取り金属かセラミックでインレーを作成し、セメントによりインレーを装着します。

  • レジン充填では耐えられない部位にはインレー修復

    歯を削る量を最小限に抑えられるレジン充填では、直接お口の中で削った歯にレジンを充填していきますが、強度が強くないというレジンの性質上、複雑な形態や広い範囲の虫歯には適しません。 また、レジン充填では強い噛む力には耐えられず外れたり割れたりするので、噛む力のかかる奥歯の噛む面もレジン充填適用外となる場合が多くあります。 レジン充填が適しない小さな虫歯には、インレー修復をおこないます。
    レジン充填よりも歯を削る量が多くなりますが、適さない部位に無理にレジン充填をおこなうと、破損したりして再治療が必要になった際により大きく歯を削らなければならなくなることがあります。 小さな虫歯でも、歯を守るためにはレジン充填よりもインレー修復が適するケースもあることをご理解ください。

クラウン

p006

虫歯の進行などにより歯冠部分が大きく失われ、インレーでは修復できない場合には、歯全体を金属やセラミックで覆うクラウンにより、歯の形態を再製します。

  • 歯の形を再製するクラウン修復

    クラウン修復とは、歯冠の形態を失ってしまった場合に人工的に形態を再製する方法です。歯全体を覆うように作られた人口歯・クラウン(冠)を被せて歯の形を再製します。

    クラウン修復をおこなわないと…?
    クラウンにより歯の形態を回復しなければ、きちんと噛めなくなってしまいます。 きちんと噛めないことで、様々なお口のリスクが高くなります。

  • 虫歯になりやすくなる

    <噛む>ことが不十分だと、唾液が出にくくなります。 唾液には歯を守るための大切な役割がありますので、唾液の分泌量が減ってしまうことで、虫歯のリスクが高まってしまいます。

  • かみ合わせが変化する

    歯の形態が変化(虫歯でかけてしまうなど)してきちんと噛めないと、周りの歯の位置が変化してしまいます。変化した歯の形態で安定して噛めるように、生体が無意識で噛み方を変化させてしまうからです。

    歯にトラブルがなくてもヒトの歯は生涯少しずつ移動し続けるものですが(生理的な歯の移動)、歯が欠けている部分を避けて片側のあごだけで噛んだり、歯が残っている部分だけで無理に咀嚼することを日常的に続けていると、歯やあごに無理な力がかかって周りの歯の位置がどんどん変化してしまいます。その結果かみ合わせが正しくなくなり、顎関節症などを引き起こす原因となることもあります。

  • 適合の良いクラウン修復の必要性

    クラウン修復に大切なのは<歯の適合が良い>ことです。
    精密性の高い、適合の良いクラウンを作らなければ歯を守ることはできません。 クラウンと歯の間にすき間があると、そこから細菌が入り込んで虫歯になってしまいます。「治療したところの下が虫歯になっている」というのがその状態です。 せっかくメインテナンスを行っても、歯の内部の細菌を除去することはできないので歯を守ることはできません。 どんなに良い材質を使っていても、見た目がどんなに良くても、適合が悪いクラウンは<良いクラウン>とは言えないのです。
    当院では、歯を守るために適合性・精密性にも配慮したクラウン修復をおこなっています。

ダイアグノデント

ダイアグノデント 特定の波長の光を使って目では確認できないう蝕(虫歯)を発見する機械です。
メリット
* レントゲン、肉眼で発見できない初期のう蝕を発見できる
* 探針などのハンドインスツルメントを用いた場合に起こるCOう蝕を破壊、悪化させることがない
* 探針などのハンドインスツルメントでは発見できないしずく形状の裂溝の底のう蝕も発見できる
* う蝕の経過を数値的に追えるため、経過観察中のう蝕の進行度合いが把握できる

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡 位相差顕微鏡とは、生きたままの口腔内の細菌を鮮明画像で観察できるものです。
下の奥歯の内側の歯垢を少し採取し、位相差顕微鏡で歯周病菌やカビ菌がどのくらい生息しているかを見ることができます。
当歯科クリニックでは、インフォームド・コンセントの意味合いから患者さんに自分の口の中の状態を知ってもらおうと、位相差顕微鏡による検査を行っています。

3Mix

痛くない、大きく削ることのない虫歯治療法

従来の虫歯治療では、虫歯になった部分とそのまわりをドリルで削り、詰め物を入れる、という方法が一般的でした。
しかし、3Mixという方法で治療すれば、大きく削ることなく虫歯治療をすることができます。

3Mixとはどんな治療法?

3Mixは3つの薬剤を混ぜて作られています。
この薬剤を虫歯の部分に詰めて、ふたをして殺菌するという方法です。
現在、多くの歯科医院で採用されている方法です。

歯を失ってしまった皆様へ

もうこれ以上歯を失いたくない方々へ

ぜひ知っていただきたいことがあります。
それは「歯を失ったまま放置すると、更に他の歯を失い続けます」ということです。
歯の本数が更に減ってしまうのではないかという不安のある方はぜひ読んでください。

歯を失ってしまい、そこを補うための治療方法はいくつかあります。しかし、それぞれの方法は残された歯に対し、大きな影響を与えるため、ご自身に合ったプランを選択すると良いでしょう。現在の歯科医療で提案できる選択肢は、①ブリッジ ②入れ歯 ③インプラントの3つです。
それぞれのシステムと長短所を理解して治療方法を選択しましょう。

従来の治療方法とインプラント治療の比較

  ブリッジ 入れ歯 インプラント



歯の無い部分の両脇を削って型を取り、かぶせものを作る治療方法です。
※白いかぶせものは保険適用外
歯の無い部分を補うため、天然の歯にとめ金を引っかけて装着します。
素材はレジンと呼ばれるプラスチックでできています。
チタンのスクリューを歯の無い部分に埋め込み骨と結合させて歯の代用品を つくる治療です。歯が復活する治療といっても過言ではありません。
ブリッジ クラウン インプラント

  • 保険適用があるため、低価格で行えます。
  • 異物感はなく天然の歯で咬んでいる感覚を獲られます。
  • 入れ歯のように取り外しの必要がなく、わずらわしくありません。
  • 保険適用があり、比較的低価格で作成できます。
  • 型を取ってから1週間から1ヶ月くらいで完成します。
    (入れ歯の大きさにもよります)
  • 残っている歯を削らなくてすみます。
    (とめ金のかかる歯は、少し削る場合があります)
  • 周囲の歯を削らずにすみます。また、咬み合う力のバランスが良くなるため、残っている歯の寿命がブリッジや入れ歯よりはるかに延長されます。
  • 天然の歯とほとんど同じように咬めるため、入れ歯で感じているストレスから開放されます。
  • 異物感がなく、発音にも影響がありません。また、しっかり咬めるので、好きな食べ物をいただく最高の幸せをもたらしてくれます。

  • 健康な歯を削って作成するため、歯の寿命が短くなってしまいます。
  • 時には神経をとってしまうこともあり、更に寿命を短くしてしまうこともあります。
  • 清掃しづらく、虫歯の再発率が上がります。
  • とめ金をかけている歯や、入れ歯の反対側の歯がグラグラして抜けてしまうことが多いです。
  • ブリッジやインプラントに比べると噛めません。また、発音しづらいことが多いです。
  • 異物感(気持ち悪い)が大きく、食事後食べ物がはさまって不快な思いをすることがあります。
  • 痛みを感じることがあり、ストレスが大きいです。
  • おおよそ3ヶ月(下の歯)~6ヶ月(上の歯)治療期間が必要です。
  • 外科的治療が必要です。
  • 保険適用外の診療となります。