歯の白さを保つために気をつける食材

着色しやすい食品? 食べてはいけない食品にはランクがあります。「絶対食べてはいけない食品」「食べ ないほうがいい食品」「気をつけて食べたほうがいい食品」です。 「絶対食べてはいけない食品」 これは単品ではなく着色性食品と着色補助食品の食べあわせによるものです。着色補 助食品はそれ単独では着色しませんが着色性食品と一緒に食べることによって着色を助 長してしまう食品です。具体的には炭酸飲料や柑橘系食品、柑橘系飲料、ほうれん草が これにあたります。例えば、カレーとソーダ、コーラなどの組み合わせやグレープフ ルーツとコーヒー、赤ワインの組み合わせなどです。これらを一緒に摂る場合にはまず 着色性食品を食べ終わってから着色補助食品を摂るようにすれば着色を防げます。カ レーを食べ終わってから飲み物を飲むとか赤ワインを飲み終わってからグレープフルー ツを食べるといったほうが良いでしょう。ただし、一部の炭酸飲料には多量の着色料を 使用しているものがあります。これらはそれ単独で着色性食品と着色補助食品をかねて いることになり、要注意です。 炭酸飲料や柑橘系食品ほどではありませんが度数の高いアルコール飲料も歯の表面の 水分を奪い、着色を助長するため着色補助食品といえます。前途のうがい薬の中にも高 濃度のアルコールを含有しているものがあり、うがい薬に含まれる着色料とあわせて単 品で着色と補助の両方の作用がありますので注意してください。実は最近流行している サプリメントの中にも注意が必要な製品があります。体の疲れをとるといわれる「クエ ン酸」。食事これはお口の中を酸性にしてしまう着色補助食品に含まれます。クエン酸単体 では色はつきませんがこれを飲んだあとに「食べないほうがいい食品」をとるとすぐに 色がついてしまうのです。クエン酸はお口の中を酸性にしてしまうため歯の表面が一時 的に荒れてしまい、色付きの食品はすべて歯に着色する危険が出てきてしまうのです。 クエン酸が健康食品として流行ってきたのが最近だったのですが、「食べないほうがい い食品」に加えさせていただきます。皆さんの中でクエン酸を愛用している方がいらっ しゃいましたらできるだけ粉末のものを食後にお飲みになることをお勧めいたします。 また、ホワイトニング中は食前食後にかかわらず控えていただいたほうがいいと思いま す。 またほうれん草や青いバナナにはシュウ酸と呼ばれる渋みの成分が含まれているので すがこれは酸に当たるため歯の表面が荒れてしまうことがあります。ほうれん草を食べ ると口に中に変な感じが残る人、いませんか?これも着色補助食品に当たりますので着 色性食品とは一緒に食べないほうがいいでしょう。もしどうしてもほうれん草を食べる 場合はなるべくゆでたものの方がベターです。またシュウ酸はキャベツやビールにも含 まれていますので注意してください。 着色しやすい食品? 食べないほうがいい食品とは着色性食品といわれ、歯を黄色くします。ティーカップ や湯飲み茶碗は使っているうちに真っ白な陶器の底のほうが茶色くなってきます。あれ は陶器の表面に茶渋がついてくることにより起こるのですが、お茶を飲み終わるまでの 短い時間でも毎日使っていると茶色く着色してきます。これと同じことがお口の中でも 起こっていて、コーヒーや紅茶が好きで毎日飲んでいる人は歯に茶渋がついてきます。 具体的にはコーヒー、紅茶、烏龍茶などのお茶類です。他に注意すべき飲み物としては 赤ワインが挙げられます。赤ワインにはタンニンが含まれておりやはり歯に沈着しま す。他にもブルーベリーやぶどう糖タンニンが含まれているフルーツも要注意です。料 理ではカレーなどターメリックという香辛料を使用したものも歯に着色します。また、 加工食品の中に「着色料」と表記してあるものは歯にも着色する可能性がありますので 注意が必要です。食べたあとにはなるべく早く歯を磨くか、うがいだけでもすることを お勧めします。 うがいといえば市販されているうがい薬の中には着色料を使用したかなり濃い色のも のがありますが、これらも歯に着色する可能性がありますので注意が必要です。着色に 気をつけるならできるだけ無色のものかブルーのうがい薬を使ってください。 「気をつけて食べたほうがいい食品」 これは色がついているものすべてです。日常、単品で食べることは特に問題ありませ んが、着色補助食品と一緒に食べると薄い色の食品でも歯に着色してしまうことがあり ます。またホワイトニング直後(約24時間)は歯の表面が乾燥してセンシティブに なっているため、この「気をつけて食べたほうがいい食品」もとらないほうが良いで しょう。具体的には白いシャツにこぼして色がつくものはすべてです。絶対食べてはい けないということはないのですが、白い歯を保つためにも気をつけて食べたほうが良い でしょう。 「歯を白くする食品」 パパイヤにはパパインという酵素が含まれておりタンパク質を分解する作用がありま す。これは消化を助けるとともに歯についた汚れも落としてくれるのです。食後のデ ザートにはパパイヤをお勧めします。また、オーストラリアに自生するピールという木 にも歯を白くする作用があるといわれています。オーストラリアの原住民であるアボリ ジニーはこのピールとかじって歯を白くしていたといいます。ただこの現代でピールの 木を人前でかじるわけにはいきませんので、今ではこのピールから抽出されたエキスを 使って歯磨きやフロスなどいろいろなオーラルグッズが作られています。ふつうに手に 入る食品では繊維質のもの、例えばごぼうやセロリ、ビーフジャーキー、スルメなどは 前歯でかじることにより歯の表面の汚れを取ってくれます。歯を直接白くするものでは ありませんが牛乳などの乳製品には歯の表面をコーティングして色をつきにくくする作 用があります。カレーや赤ワインなど色の濃い食品をとる前に飲んでおくと良いでしょ う。逆に口が渇いているときの赤ワインなどは歯に色がつきやすくなりますので注意が 必要です。