金属アレルギー

金属アレルギー 「歯科治療を受けてから、体調がどうもすぐれない」 「もともと治りにくい口内炎や皮膚トラブルがある」 「ネックレスや指輪などの金属製品でかぶれやすい」 こんな症状でお悩みの方はいらっしゃいませんか?ある金属が肌に触れることで、症状 を発症する金属アレルギー。近年、お口の中に装着している義歯や詰め物など、歯科で 使用される金属が原因となり、顔・全身にアレルギー症状を発症する方が増えていま す。 金属アレルギーにより引き起こされる疾患とは? 当院ではアレルギー外来を解説して以来、全身のさまざまな疾患を抱えている患者さん が金属アレルギーを疑い来院しています。ここでは、歯科材料、特に歯科金属によるア レルギーが引き起こす代表的な疾患を紹介します。 ここで知っておいていただきたいのは、歯科治療による金属アレルギー疾患は口の中ば かりではないということ、アトピー性皮膚炎など、顔や身体など直接金属が触れていな い部位に症状が出ることもあるのです。 顔面・口の中に起こる症状 口内炎、歯肉炎、口唇炎、舌炎、口腔扁平苔癬(口腔粘膜における慢性の角化異常を伴 う病変のひとつ)など。 全身の症状 アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、扁平苔癬、皮膚そう痒症、ステロイド皮膚症、脱毛 症、掌蹠膿疱症(手のひら・足の裏、あるいはその近辺にできる小さな水疱)など。 どのような物が金属アレルギーを起こしやすいのですか? 現在、金属アレルギー発症の因子は、ネックレス、ピアスなどのほかに、ヘアピン、髪 飾り、眼鏡フレーム、化粧品などがあげられます。 これらの品物には、水銀、ニッケル、クロム、コバルト、パラジウムなどアレルゲン (アレルギーを引き起こす原因となるもの)が含まれており、全身のアレルギー疾患を 引き起こす可能性があります。 特に近年増加しているのが、各種歯科金属によるアレルギー疾患です。金属の詰め物・ 被せ物・入れ歯には、アレルゲンとなりうる金属が使用されています。 多種多様の合金で作った詰め物、被せ物を装着していると、歯科金属に含まれる金属が 溶け出し、口内炎や歯肉炎はもちろん、アトピー性皮膚炎や口腔扁平苔癬などの全身の 症状があらわれてくるケースがあります。 症状が出れば歯科金属が原因でしょうか? 歯科治療後に口腔内に症状が発生した場合、歯科金属と関連性が強くなります。とはい え、顔面・口腔内に症状が出たからといって、歯科金属だけが原因とは限りません。症 状を正しく把握し、原因を突き止めるためにも、パッチテストなどのしっかりとした検 査をおこなうことが、治療への第一歩といえるでしょう。 どのように治療するのですか? 金属アレルギーとひとくちにいっても、私たちの身のまわりには、いろいろな種類の金 属があります。どの種類の金属が患者さんの体質に合わないかを正しく調べることが大 切です。 パッチテスト お口の中の金属アレルギーがあるかないかを調べるために、歯科用金属をすべて網羅し た。歯科用金属シリーズパッチテストを用いて、パッチテストをおこないます。 口腔内金属成分検査分析 パッチテストでアレルギーのある金属元素が判明すると、それがお口の中にあるのかを 調べる検査をおこないます。お口の中の金属は外さずにそのまま検査が可能な方法でお こないます。具体的には、タービンを使って金属の表面を擦り、金属粉末を採取して分 析します。 アレルゲン除去 分析の結果、アレルゲンが口の中の歯科金属に含んでいると判明した場合、これらを除 去する必要があります。具体的には詰め物・被せ物・入れ歯などを、アレルゲンフリー の材料(セラミックやプラスチック)への交換治療をおこないます。 アレルゲンフリーの材料 オールセラミック 白く透明感のあるセラミックス(陶器)を使用し被せ物です。内部に金属を一切使用し ていないため、歯を自然な色合いにしていきます。長く使用しても変色することもあり ません。 歯周病などで歯肉が下がっても、差し歯独特の黒いすじが見えないといった特徴もあり ます。近年では人工ダイアモンドである「ジルコニア」を使用した高い強度を持ったが 注目されています。 ノンクラスプデンチャー 金属のバネ(クラスプ)を使わず、装着していても人目につきません。また、弾性と強 度があるので、装着感が少なく、壊れにくいといった特徴もあります。 ほかにも、材質のつなぎ目がほとんどないため、お掃除がしやすく衛生的といった点が あげられます。 治療の流れについて教えてください 検査 普段から皮膚の弱い方、口内炎のできやすい方、金属を使用する歯科治療に心配のある 方など、ケースに応じて全身のコンディションと共にきめ細かく検査をおこないます。 パッチテスト 検査薬を浸した絆創膏を皮膚に貼り、患者さんそれぞれの体質に合わない種類の金属を 見つける検査です。歯科用金属のほかにも、歯科用レジンやセメント材といった様々な 材料の検査ができます。しゅ 診断 パッチテスト、特殊な問診、レントゲン検査、口腔内診査などをもとに、金属アレル ギーの診断をいたします。 修復治療・交換治療 お口の中の金属成分分析結果で、体質に合わない種類の金属がお口の中に発見されたと きは、体質に合った材料に置き換えることが望まれます。 アフターケア 通常の歯科治療と同じく、金属アレルギーの治療もアフターケアがとても大切です。ア レルギー症状は、全身のコンディションにより大きく左右されます。患者さんご自身も 日常の健康維持にご留意いただくと共に、必ず定期検診をお受けください。