歯の欠損と補綴の方法

歯の欠損と補綴の方法 むし歯や歯周病などで歯が抜けると、咬み合わせが悪くなったり、十分な咀嚼ができなくなり、発 音も正しくできなくなります。少しの歯でも欠損すると、その両側の歯に負担がかかり、それらの 歯も失うことになります。これらを防止するため、義歯やブリッジなどで歯を補うことを補綴とい います。 ・義歯 1本も歯がない場合に装着する義歯を総義歯、1本でも歯がある場合に装着する義歯を局部義歯と いいます。義歯の保持は、総義歯では、唾液の粘着力や口腔粘膜との吸着力に頼る粘膜負担です が、局部義歯では、残りの歯に金属のバネをかけて取り付け、粘膜負担を助けます。 これらの方法は、残りの歯を削らずに機能回復ができますが、常にはずして清掃する必要があり ます。局部義歯では、クラスプをかける歯に負担がかかりグラグラしてきたり、鉤歯がむし歯にな ることもあります。 義歯の材料はレジンが中心ですが、強度をもたらせるために厚くせざるをえず、装着感、温度感 覚などに問題のあることがあります。 金属を用いるとこの問題は解決しますが、保険適用外となり費用の問題が出てきます。 ・ブリッジ 歯が数本欠けているときに適応となります。欠損部の両側の歯を橋桁(支台歯)にして、金属に よる橋(ブリッジ)を装着する方法で、歯のない部分は人工歯によって補います。ブリッジは固定 されるので、装着感は自然ですが、支台歯を削らなくてはなりません。支台歯が健全で、冠を被せ るために削り取る歯質の量が多い場合には、装着後に支台歯がしみたりすることもあります。しか し現在では、削る歯質をエナメル質のみに抑え、装着性の材料で取りつけるという画期的な方法も 現われ、歯科治療に大きな変革をもたらしています。 ・義歯とブリッジの中間の例 義歯は取りはずせ、ブリッジは取りはずさないことを原則とすると、この双方の欠点を補う中間 の補綴法があります。 アタッチメントは、歯に加わる力をやわらげる緩圧装置の一種で、維持歯(支台歯、鉤歯)に設 置される固定部と、欠損部(義歯となる部分)に設置される可動部からなり、たがいに関節のよう に連結しています。その結果、欠損部の歯の動きは緩圧された力となって伝わり、さらに義歯より もはずれにくい利点があります。ただし、この方法は保険適用外で、費用の問題が出てきます。 ・歯牙移植 自分の不要な歯を抜き、歯がなくなった場所の骨に移すことを自家歯牙移植といいます。これ は、移植免疫などを考えることなく行え、生着率も非常に高いのですが、自分の歯で不必要かつ移 植可能な歯のみにかぎられるのが欠点です。 他人の歯を用いれば、使える歯はいくらでも供給されますが、移植免疫の問題が発生し、生着率 も悪くなってきます。 ・インプラント 金属が主体であるため、免疫反応の発生は無視でき、さらに材料の供給面では問題ないのです が、異物が口の中、とくに粘膜上皮をつらぬいているというリスクがあるため、誰でも行えるとい うわけにはいきません。 現在、日本ではインプラントを標榜している科はありませんが、専門医制度(インプラント学会 認定)はとられており、技術・知識両面に熟練が要求される治療法です。