もう1度歯周病(歯槽膿漏)を理解しよう。

歯を失う原因の第1位を占めるのは、なんと、歯槽膿漏だといわれています。 歯周病のうち、症状のやや軽い「歯肉炎」を放置しておくと症状が悪化して「歯槽膿漏」へと進ん で行きます。しかもあまり痛みの自覚症状がないため、気付かぬうちに歯槽膿漏へ進行してしまう ので、とても厄介な病気です。歯周病と歯槽膿漏は同じ言葉だと理解してください。 10代でもすでに約6割近くの人が、成人となると8割前後の人が歯周病にかかっているといわれてい ます。つまり大人のほとんどは、程度の差こそあれ歯周病にかかっているといわれています。歯周 病予防は若いうちからのケアが大切なのです。 歯周病から歯槽膿漏に進むと、炎症は歯茎の周りだけでなく、歯と歯茎の隙間の深くまで進み、歯 を支えている骨(歯槽骨)の周りにまで達しています。 重度に進行すると歯槽骨がほとんど溶け、歯がグラグラと動くようになり、やがて抜け落ちてしま います。 むし歯は歯が溶ける病気ですが、歯周病は骨が溶ける病気なのです。歯槽膿漏と呼ばれるのは「歯 槽(歯茎)から膿が漏れる」といった症状を表しているからで、歯槽膿漏になると、歯茎から血が 出るようになる以外にも膿が出たり、お口の臭いも気になるようになってきます。 最初は歯肉炎から始まり、軽度歯周病、中等度歯周病、重度歯周病と進行していきます。 それぞれのステージについてはまた次回のブログで、ご説明させていただきます。4