むし歯菌の親子感染の恐ろしとは?

近年、むし歯は「感染症」という病気の一種であることが分かってきました。「感染症」とは、細 菌、ウイルスなどの病原体が体内に侵入し、増殖することにより引き起こされる病気を言います。 むし歯は、病原体であるミュータンス菌が、ある日どこからかお口の中に侵入して棲みつくことに より発症します。赤ちゃんは無菌的な状態で生まれてくるので、生まれたばかりの赤ちゃんのお口 の中を調べてみてもミュータンス菌は一つも存在しません。ミュータンス菌がいなければむし歯に ならないはずなのに、どうしてむし歯になってしまうのでしょうか? それは、ミュータンス菌は唾液によって人から人へと伝播(でんぱ)していくからです。特にお母 さんから子どもへの感染(母子感染)が一番多いようで、食事の時に同じお箸やスプーンをお母さ んと子どもが一緒に使うことで、子どもへ伝播することが分かっています。ミュータンス菌は、硬 い組織(歯のエナメル質)にしか定着できないという特徴を持っているので、歯の生えた1歳半?2 歳半(この時期は「感染の窓」と呼ばれています)に感染することも分かっています。 ミュータンス菌が多くむし歯の多いお母さんは、大切な子どもの歯を守るためにも、歯医者さんで 虫歯治療をしたり、歯のクリーニングをするなど自分のお口の中を、むし歯になりにくい環境に整 え、健康管理や生活習慣に十分気を付けることがとても大切です。ミュータンス菌は、赤ちゃんに 歯が生えてくるのを待っているのかも知れません。 むし歯予防のプログラムを実施し、ミュータンス菌を減らしたお母さんからは、子どもへの感染が 低下することも分かっているので、お母さんのお口の状態が子どもに影響を与えることは明らかで す。子どもたちがむし歯になるのは、実はお母さんのせい?だなんて考えたら、日々の歯みがきも 疎かにできませんよね。むし歯菌となるミュータンス菌は歯垢(プラーク)中に住み着いています ので、日々の歯みがきでしっかりと歯垢を取り除くことが重要です。