そもそも虫歯ってどういうことなの?

むし歯 むし歯(虫歯、う蝕、齲蝕)とは、むし歯の主な原因菌とされるミュータンス菌が作り出すプラー クから発生する酸により、歯が溶かされ(脱灰)穴の開いた状態をいいます。 通常は脱灰の状態から、唾液の再石灰化(再結晶化)の働きにより元の状態に戻されますが、再石 灰化が脱灰に追いつかなくなった時、歯のエナメル質に穴が開き、むし歯の状態になってしまいま す。 初期むし歯 むし歯とは、歯にぽっかり穴があいてしまい黒くて痛くなるところだと誰もが分かります。 では、最近よく聞く「初期むし歯」とは何でしょうか?これを理解すると、大切な歯をむし歯から 守ってあげることができます。なぜなら初期むし歯とは、穴があいてしまい、歯医者さんの治療が 必要となるむし歯より一歩手前の状態で、まだ自然治癒が可能な段階だからです。 初期むし歯の状態は、歯の表面の少し内側からミネラル成分が溶け出す脱灰によって起きます。 そのままミネラル損失が続くと、やがて歯の表面に穴があいて、実際のむし歯になってしまいま す。 初期むし歯も実際のむし歯も、その発生のメカニズムは同じです。 お口の中には、むし歯の原因となる細菌やその細菌の栄養となる糖分がなければ、むし歯にはなり ません。むし歯の元凶であり、主な原因菌とされているミュータンス菌は歯の表面で増殖し「プ ラーク」と呼ばれる糊状の物質(不溶性グルカン)を作り、歯に強固に付着する歯垢を形成しま す。 そして、この歯垢の中でさらにミュータンス菌が栄養となる糖分を分解し、酸を作り出して歯のハ イドロキシアパタイト結晶を溶かしてしまいます。このようにできる表層下脱灰層は初期むし歯の ことで、肉眼的に区別しにくいものですが、歯の表面の白く濁った白斑のように見えます。 ここで一番重要なのは、初期むし歯は実際のむし歯への進行を防ぐことができる、ということで す。まず歯垢を(特に歯と歯のあいだの隙間から)除去し、脱灰層にミネラルを運ぶ唾液が接しや すい状態にすることが大切です。また間食や糖分の摂取を減らすこと。食後の歯みがきをきちんと することは、初期むし歯を健全な歯へと回復(再石灰化)させることなのです。 もちろん、再石灰化を促進するフッ素や再石灰化作用のある薬用ハイドロキシアパタイトが配合さ れている歯みがき剤はお勧めです。 脱灰 私たちが食事をした後、お口の中では、微細ですが劇的な変化が起きます。 歯垢内の細菌が、食べ物の糖(炭水化物)を摂り込み、酸を作り出します。そしてこの酸が歯のエ ナメル質を溶かしてしまします。 大人の成熟した健康なエナメル質では、pH(ペーハー)5.5?5.7以下になるとエナメル質を構成し ているハイドロキシアパタイトの結晶からカルシウムイオンとリン酸イオンが溶け出して、「脱 灰」という現象が起こります。 脱灰が起こる場所は、エナメル質に付着した歯垢のすぐ下で、表面からではなく、表層の少し内側 からです。そこで生じる「表層下脱灰層」というのは初期むし歯のことです。 歯のレントゲン写真の黒い部分は初期むし歯で、実際のむし歯になる一歩手前の状態です。肉眼で は区別しにくいのですが、健康なエナメル質と比べて初期むし歯のところは白く混濁していて、白 斑のように見えます。これは脱灰によりエナメル質の微小構造が乱れ、光の透過や屈折が悪くな り、本来の透明感と輝きが損なわれてしまったためです。 食後、唾液の働きで、酸性となっていたお口の中は中性側に戻り、また脱灰されていたエナメル質 にはカルシウムイオンとリン酸イオンが補給され、再石灰化が起こります。 ただ間食が多くお口の中の酸性状態が長く続いたり、また歯面に歯垢が付着したままにしておくと 脱灰がさらに進行し、唾液がついて行かず、実際のむし歯になってしまいます。 白斑 白斑はエナメル質表面で見られる白色不透明な斑です。白斑はエナメル質の初期むし歯でみられ、 脱灰によりエナメル質表面や表層下に微小な凹凸が形成され、光の反射に変化が生じた結果です。 脱灰エナメル質の再石灰化が促進すると、失われた脱灰部全体のミネラルが供給され回復し、この 状態になると白斑は、色調もミネラル量も健全歯なみに回復するようになります。